新党ぱんだ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ交換日記241(景徳鎮便り80) 09年5月?日(?曜)メール

<<   作成日時 : 2009/06/08 04:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

しかしどうして
アトリエの窯を
「まぁ今日は雨が降らないだろう」
と出しっぱなしにしておいた時に限って
夜半に大量の雨が降ってくるのでしょうね(笑)

石綿さん明日は恐らくぐっしょりでし

本日、周学院長に貴君の件についてもお礼を言っておきました。

その折、N村先生に伝言を貰いました。  
院長の元気な姿見せるために私と二人の写真撮りました。 
後日、現像お願いします。 2枚です。


了解いたしました。
帰国まででいいとのことですが
ちゃっとしておきたいところです。

毎年、学院主催の化学系シンポジュウムにN村先生の教え子・産技研の
S山さん(私が課長に時代にS山さんが釉薬の研究発表するので訓練生の参加依頼を受けて紹介したことあり)
依頼したが、多忙で欠席。 
日本の学者がいない場合、院長の先生である、N村先生を呼ぼうということになりました。。  
院長は希望するので、O陽処長と協議してほしいと、又、高齢の人ですので、私が帰国したらお願いしてほしいと。

このシンポジュウムは昨年、私が契約した時に、初めはこの機会と言っていたものでした。


とN村先生お元気でしょうか?
ぱんだも訓練校現役生の時に学科を教えていただいたものです。
とですわね
N村先生の体調やら次第ですよね。
どうしても国際線、国内線と移動も2日係りになってしまいますし。

院長は日本語堪能ですが、劉先生と顔合わせの機会として、ついてきてもらいました。 
半年前の採用時に院長は会って以来とのことでした。  
採用時は今日のような穏やかな感じでなく、厳しい質問が浴びせられたといっていました。  

約束の時間には、まだ先客がいて1時間秘書の指示で待機。 
私のお話しすることをじっくり来聞いていただきました。  
講師の黄先生にお世話になり、また、9月から好意で工作場の一室借りて、
私の仕事である、学生に作品を見せる、教える、国際交流の一つ修学旅行の件。   
黄先生には前日、院長に話題としますと、陳さんから連絡済み。    
「光栄です。感謝!」と黄先生の言葉。
これが先に必ず何かの形で黄先生に返ってくることが分かっているからです。


黄先生のような素敵なお方に
どーんとえらくなってもらいたいものです。
僕も中国の先生の中では
一番親しみの持てるお方ですし

劉先生も過日、頑張っている先生ですと、
手紙を院長宛ての「報告用の手紙」に書いておきました、院長は分かっていますと。  
劉先生は私達でもそう簡単に院長に会えません。  
二十歩先生の御好意感謝と。 


劉先生はなにやらこの7月に
日本に住まわれたことがある佐賀県で
(大学院でしたかね?
大学は東京芸大でしたね)
個展をするのだそうで
Y下先生も帰国した時には
ちょろっとお邪魔するのだとか

もし佐賀近郊のお方で興味のある方は是非。

又、赴任後のお会いした、先生方やO先生・Sさんの日本人に対する行為の感謝も
名前をすべてだして、報告。

9月からの要望・工作証・就労ビザ・ぱんだ君が特別のO陽先生の配慮で宿舎に住まわせて貰っているお礼。  
などなど。  
話すメモにもとづいて話しました。 
漏れなきようにと。


ぱんだのことまで報告ありがとうございました。
本来ならば自分でいかなくてはのところですが
現在ただの居候でしかないですので。
いつかお会いする機会があるやも知れません。

帰りにはお茶の土産が用意されていて頂きました。  
また、学院の職員用のバッチを記念に貰いました。

先日から言っている、大きな組織の大切さ。  
「ほうれんそう」  
報告・連絡・相談です。  


そうですね
ぱんだこれまでちいさな会社でしか
働いたことがなく
ほうれんそう
実に弱いところがありますわね。

何か一つタイミングよく報告することで
その後の動きがスムースにいくことがあることは
分かるものの、いやはや難しい。

言われる前にちゃちゃっとやっておきたい
ところですが

@画像アップ
A写真現像
BS先生への報告相談
C通訳のみなさんへ伝えておかなくてはならないこと

とさしあたり
このメモを毎日朝なりにチェックして
ホウレンソウに移していきたいものです。


とさきほど日本へのお土産の方を先に
リストアップしてみたのですが
15人16人と
これもっといますわね。
恐ろしいことです。

逆バージョンも作っておりますが
結構な人数になりそうですね。

これまでと違って長い期間日本にいられるということも
ありちょっと油断していたところはあるのですが
これいけません。

早いところやっておかなくてはなと。

さきほど部屋にごきさんが出ました。
でかいです。
勘弁していただきたい今日この頃のぱんだでした。

http://blog.with2.net/link.php?325336


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20先生のメールアドレス chinajapan20☆hotmail.co.jp (☆を@に変換して送信してください) 遠慮なくどうぞとのことです。
ブログ交換日記241(景徳鎮便り80) 09年5月?日(?曜)メール 新党ぱんだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる