新党ぱんだ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ交換日記248(景徳鎮便り87) 09年6月20日(土曜)メール

<<   作成日時 : 2009/06/21 00:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


6/20(土)

18日に日語学生が「上海の通訳試験で知り合った中国人通訳女性・25才くらい」
が勤務している上海の企業の社長に会ってください。
そして、その社長からまかされた企業の社長にも会ってほしいと。


ほう、なるほど
聞くところによれば
ぱんだ帰国前の追い込み作業でばたばただろうからと
気を使っていただき同席はしなかったのですが

私の寮で一時間くらい懇談。 
年配の社長は上海で手広く企業をやっている人で関西人特有の明るさの有る好感が持てる人でした。 
そして、一社「景徳鎮で植木鉢」を製造している社長「34才くらい・中国語・陶芸素人」が
今後何かと相談にのってほしいと。 


ふーむぱんだも景徳鎮に日系企業があるとは
知りませんでしたのでただ驚きました。

そして、食事に移動。 
仲介の日語学生・知り合った中国人女通訳・上海の社長・景徳鎮の若い社長。  
途中で加わった景徳鎮の会社の主婦通訳
「○○社長の右腕的有能な女性」の皆さんと韓国料理屋で飲食。


あ。韓国料理屋さんなのであれば誘っていただきたかった(笑)
いえいえ。
直接20先生とあれこれと話をしましたが
ぱんだは後々の参戦を予定しているとのこと。

そこで、企業の人材育成や中国での会社経営の難しさを話しました。 
若い社長は翌日迎えに来るので会社を見てアドバイス欲しいと。


実に難しい日々を過ごされていることと
想像いたします。

広州のN華の時も
引継ぎなしでぱんだにぽーんとあれこれの仕事を
まかされてしまいましたし

日本とは異なるまたスキルを必要とも
するでしょうしね。

翌日の午後2時に訪問。空港近くの元国営の工場をレンタルで借りて中国人を使って
「蘭を入れる植木鉢」を製造。  
6リューべのガス窯を使っている。  
ガスバーナーの点検・掃除・動力ろくろの粘土の硬さ・釉薬のこと。
焼成の窯づめ・検品などなど、全体のアドバイスをしました。


しかし6リューベはでかいですなぁ・・。
(大体ですが1リューベで小さめの洋ダンス1個くらいの大きさと
想像されてください)
絶対に焼きムラがでるでしょう
このあたりは温度が高いけれども
このあたりのものは焼きしまっていない
だとか多々あることが想像されます。

さしあたり半分ですがアップいたしました。
http://blog.with2.net/link.php?325336


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20先生のメールアドレス chinajapan20☆hotmail.co.jp (☆を@に変換して送信してください) 遠慮なくどうぞとのことです。
ブログ交換日記248(景徳鎮便り87) 09年6月20日(土曜)メール 新党ぱんだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる