新党ぱんだ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ交換日記246(景徳鎮便り85) 09年6月14日(日曜)メール

<<   作成日時 : 2009/06/17 03:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

614

さて、6/13金曜日予約をしていた。 
景徳鎮市人●●府の外事科に講師のR先生と行きました。  
事前に地図で調べていました。 
懐かしい場所です。  
永く景徳鎮に来て、当初は「景徳鎮賓館」というホテルの近くです。 
市の旅行局と同居です。

このホテルは昔は外人専用ホテルで今の建物の後ろに木造のホテルがあります。 
しばらくこの木造は使っていなかったのですが、
今は改装して、レトロな雰囲気で私などこちらが好きです。


ぱんだアトリエはどうも1960年代に立てられたらしく
謎の趣があって僕はとても気に入っております。
かわいい感じといいますか
実際はなかにはいると
あれやこれや粘土類が散乱しておりますが

前に公園があり、東屋やポート池があります。  
宿泊の当初はまだ暗い朝、5から6時に広場で人が動いています。  
近づくと太極拳や年寄りが独特の体操です。 
太陽が上がってくるとご婦人団のダンスグループがラジカセの曲に合わせて踊ったり、体操したり。  
大音響でいろんなグループの競演です。


陶磁学院のグラウンドでも
夜の涼しい時間に前を通りますと
「マカレナ」
やらの非常になつかしい音楽にあわせて
ご婦人が踊っていて
なんともいえない哀愁に
胸がくるしくなります(笑)

外事科に行くと、先日電話頂いた30才代の女性と「外事科長」・副主任が現れました。  
主任は出張とか。 
瀬戸市は今年市制80周年・景徳鎮は陶磁博覧会の開催がともに10月に交流計画がありますと。

私が瀬戸市長に会った時に10月に訪問予定と言っておられました。と。
外事科から瀬戸市長あての「招待状」を私に託されました。 
今後の交流は経済的な交流がしてほしいという意向でした。

女性の「F科長」は日本語・英語OKです。  
交流の旅に通訳として、何度も瀬戸市に行っていますと。 
今度、主任が帰ったら招待しますと。 
私にできることは何でもと申し入れました。  
先方は痛く恐縮されました。 
修学旅行は2年計画で推進するつもりです。

また、日にちを改めて、外事科にはふらっと自転車でよるつもりです。  
ここは勝手知ったる庭のような私にとって熟知した場所です。  
市陶磁館や古窯の珠山楼があります。 
周辺は珠山区と言って元は景徳鎮の中心地区でも有りました。   
古くは明・清時代の中心。  


20先生およびぱんだがおります
陶磁学院は景徳鎮の中心地からみれば
やや離れたところにありますが
離れているとはいえたくさんの学生さんがおりますので
学院の周りでも町並みが作られておりますので
中心地に出る必要があることなど
●ォルマートでとんこつラーメンを買いに行く以外
ほどんとありません。

陶器の販売店の数が物語っていますが
過当競争を超えている数です。 
どこも同じような商品ですし、店舗もせまい。  
経営が大変な時代です。 
日本の陶産地の店舗と全く同じ状況です。


三国志で有名な関羽像やら
ほていさんやら
毛さんやら
がどこのお店でもずらずら並んでおりますね。

「毛」さんをシャレでお土産でくばりたいものですが
シャレにしては結構な重量がありますので
やめましたが

基本隣のお店とほぼ品揃えが変わらずに実に不思議です。
売れている雰囲気もなければ
かといって切羽詰っている感じもなく
どういうお金の流れになっているのか
詳しく聞いてみたいものであります。

http://blog.with2.net/link.php?325336



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20先生のメールアドレス chinajapan20☆hotmail.co.jp (☆を@に変換して送信してください) 遠慮なくどうぞとのことです。
ブログ交換日記246(景徳鎮便り85) 09年6月14日(日曜)メール 新党ぱんだ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる